格安SIM

Rakuten LINKにiOS版が登場【楽天モバイルのiPhone問題解決】

ぷるすけ
ついに待望のRakuten LINKのiOS版が登場しました!

この記事では楽天モバイルをiPhoneでどのくらい使いやすくなったのかを詳しく解説していきます。

 

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンはすごい魅力的だけどiPhoneにはデメリットが多そうだから契約するのはやめておこうかな…と思っていませんか?

 

なんと2020年7月8日に待望の『Rakuten LINK for iOS』がリリースされました!

 

これによって、いわゆる”楽天モバイルiPhone問題”が大きく解決の方向に向かいました。

 

楽天モバイルに少しでも興味のある人は必見ですよ!

 

 

 

Rakuten LINKとは?

Rakuten LINK公式紹介ページより引用)

 

Rakuten LINKは『Rich Communication Service(RCS)』という次世代のメッセージサービスです。

 

そんなRakuten LINKでできることは主に次の3つです。

 

Rakuten LINKでできること

①無料通話

②無料メッセージ

③大人数でのグループチャット

 

つまり、楽天モバイルにおける魅力の一つである無料通話と無料メッセージをするために必要なアプリということです。

 

また、海外指定66地域でも国内と同様に利用できるのもRakuten LINKの特徴となりますよ。

 

そして、このRakuten LINKは今までandroid版しかありませんでした。

 

そのため、iPhoneユーザーにとっては楽天モバイルで無料通話・無料メッセージを行うことができず、ずっと悩みの種となっていたのです。

 

従来、iPhoneではRakuten LINKが利用できなかったので、30秒20円の通話料が発生していました。

 

 

Rakuten LINKが条件になっているキャンペーン

以前はキャンペーンポイントの入手条件にRakuten LINKの使用が含まれていたので、iPhoneではキャンペーンに参加できない状況でした。
ぷるすけ

 

楽天モバイルの特徴の一つとして、新規契約でポイント還元をたくさん受けることができるということがありました。

しかし、キャンペーンポイント付与には『Rakuten LINKを使用する』ということが条件だったので、iPhoneではポイントが手に入りませんでした。

 

今回、Rakuten LINK for iOSがリリースされたことで、iPhoneユーザーがキャンペーンポイントを手に入れることができるチャンスとなります。

 

ただし、ポイント還元のキャンペーンはほとんどが6月で終了しているのが現状です。

 

これからRakuten LINKの使用が条件となるキャンペーンが行われる可能性がありますので、そのときはiPhoneでも参加することができますよ!

 

 

Rakuten LINKは一部の端末では利用できない

待望のiOS版がリリースされましたが、まだまだ使用できる端末に限りがあります。
ぷるすけ

 

実は、iOS版のリリースには課題も残っています。

 

まず、Rakuten LINKが使用できる端末は2020年7月8日時点で以下のようになっています。

 

Rakuten LINK対応端末

iOS13以降を搭載したiPhoneⅩS・iPhoneⅩR・iPhone11

 

公式サイトでは3種類のiPhoneにしか対応していないことが示されていて、iPhone7,8などは公式非対応ということになります。

 

また、第二世代iPhoneSEについても公式では明記されていません。

 

僕はiPhoneSE(第二世代)を使用していて、問題なくRakuten LINKを使うことができています。
ぷるすけ

 

さらに、もう一つの問題点として、公式対応端末でも不具合が生じていて使用することができないという場合があるそうです。

 

実際にSNS上に挙げられたみなさんの声を集めてみました。

 

 

 

まだまだリリースされたばかりで、Rakuten LINKには多くの不具合が生じているようですね。

 

対応端末でも使えなくなる理由については、解明され次第ブログ記事を更新していきたいと思います。

 

Rakuten LINKには今後のアップデートに期待するしかありませんね!

 

 

楽天モバイルの今までのデメリット

楽天モバイルにはRakuten LINKにiOS版がないこと以外にもデメリットがいくつかありましたので、おさらいしておきましょう。
ぷるすけ

 

楽天モバイルは新規参入ということもあり、いくつかの課題を抱えています。

 

ここでは、主な楽天モバイルのデメリットを一つずつ紹介していきます

 

楽天モバイルのデメリット

①データ使い放題は楽天回線エリアだけ

②地下や建物内では繋がりにくい(楽天回線エリア)

③キャリアメールが使えない

④SIMフリー端末を用意する必要がある

⑤iPhoneでは無料通話ができない

 

今回のRakuten LINK for iOSのリリースで、⑤iPhoneでは無料通話ができないについては解決しました。

 

しかし、楽天モバイルにはもう少しデメリットが残っていますので、これらを確認したうえで契約をしましょう!

 

③と④は楽天モバイルに限らず、格安SIMに乗り換える際の一般的な注意点です!

 

≫【関連記事】楽天モバイルの契約前に知っておきたいデメリット8つ【iPhone非対応も変更あり】

 

 

①データ使い放題は楽天回線エリアだけ

楽天モバイル公式HP-楽天回線エリアについてより引用)

 

最も有名なデメリットなのでみなさんご存知かもしれませんが、データ使い放題は楽天回線エリアだけです。
ぷるすけ

 

楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT』というプランでは、高速で完全使い放題ということが一番の特長です。

 

しかし、これは楽天回線エリアだけであり、楽天回線エリアは上記の画像のようにまだまだ狭いです。

 

楽天回線エリアの今後の拡大に期待ですね!

 

楽天モバイルのデータ通信について

  • 楽天回線エリアでは高速で完全使い放題
  • パートナー回線エリアでは5GB/月
  • データ容量超過後は1Mbpsの速度で使い放題

 

上記のようにパートナー回線エリアではauの回線を利用することになり、5GB/月まで使うことが可能です。

 

僕はパートナー回線エリアで楽天モバイルを使用していますが、特に問題は起きていません!
ぷるすけ

 

パートナー回線エリアに住んでいる人は、楽天モバイルの使用を諦めてしまう方が多いですが、1年間無料で5GB/月を利用できるのはメリットかもしれません。

 

楽天回線エリアでは安定性に不安がありますが、au回線エリアでは大手の安心感を得ることができますよ!

 

 

②地下や建物内では繋がりにくい(楽天回線エリア)

楽天回線エリアでは、地下や建物内で繋がりにくいという声が多いです。
ぷるすけ

 

楽天モバイルを楽天回線エリアで使用する場合の一番の問題点としては、地下や建物内で繋がりにくいということです。

 

やはり、新規参入ということでアンテナの本数が大手3社より圧倒的に少ないことが原因だと考えられます。

 

楽天回線エリア内でも場所によってはau回線に切り替わったりしてしまうことがあるようなので注意が必要ですよ!

 

楽天回線の安定性について

  • 楽天回線エリアでは地下や建物内で繋がりにくいということが起こりえる
  • 楽天回線の安定性の改善は今後に期待

 

 

③キャリアメールが使えない

これは格安SIMに乗り換える際の一般的な注意点です!
ぷるすけ

 

大手3社のキャリアメールを楽天モバイルで使用することはできません。

 

会員登録をする際にキャリアメールを使用している場合には、変更手続きがめんどくさいですよね。

 

しかし、キャリアメールからの脱却は将来的にいつか必要になるので、これを機に変更することも考えてみてはいかがでしょうか。

 

キャリアメールについて

キャリアメールを引き継ぐことはできないので、大手3社を利用している人は登録情報の変更に手間がかかる

 

④SIMフリー端末を用意する必要がある

こちらもスマホを乗り換える際の一般的な注意点で、楽天モバイルに限った話ではありません。
ぷるすけ

 

大手3社でスマホを購入している場合、SIMロックがかかっていることがあります。

 

この場合は、契約しているショップに問い合わせてSIMロックを解除してもらわなければいけません。

 

SIMフリー端末の方が使い勝手がいいですし、SIMロック解除はあまり手間がかからないですよ!

 

楽天モバイルを契約する際には、お使いの端末がSIMフリーかどうかの確認は忘れないでくださいね。

 

楽天モバイルはSIMフリー端末が必要

大手3社で使っていたスマホをそのまま楽天モバイルで使いたい場合はSIMロック解除が必要となる場合があるので、お使いのスマホをチェックしてみてください

 

 

まとめ

Rakuten LINK for iOSが登場したことによって、iPhoneで楽天モバイルを利用する際の利便性が一気に向上しました。

 

楽天モバイルのデメリットは徐々に解消され始めてきていて、今後に期待が持てます。

 

また、Rakuten LINK for iOSが登場したことはアップル社と楽天の間の交渉に動きがあったということを示しています。

 

つまり、楽天モバイルのiPhone公式対応や楽天モバイルでiPhoneセット販売などの動きが今後起こるかもしれないということです。

 

最新の情報については随時ブログを更新していきますので、楽しみにしていてください。

 

さて、最後に現在行われている楽天モバイルのキャンペーンをご紹介します。

 

楽天モバイルのキャンペーン

①Rakuten UN-LIMITプラン料金1年無料(先着300万名)

②楽天モバイル友達紹介キャンペーン

③セットで契約で楽天ひかりの月額基本料が1年無料

 

この中で一番魅力的なキャンペーンは『プラン料金1年無料』ですよね。

こちらは、まだまだ申し込み上限には達していなそうですが、先着順なのでご注意ください。

 

②の楽天モバイル友達紹介キャンペーンは、『友達を紹介した方・された方にポイントが付与されるキャンペーン』です。

 

もしこの記事をご覧になって楽天モバイルに契約しようと考えている人は、僕の紹介コードを使用してくれると嬉しいです!

 

紹介コード⇒VFtrKxQLeDnG

 

その他のキャンペーンの詳細は 楽天モバイルの公式HPをご覧ください。

 

 

また、楽天モバイルに限らず格安SIMに乗り換えようと考えていませんか?

 

格安SIMではUQモバイルが月額2,980円で利用することができて、とてもお得です!

 

楽天モバイルとUQモバイルをじっくり比較してから乗り換えるのがおすすめですよ。

 

≫関連記事:UQモバイルと楽天モバイルを徹底比較【2,980円でスマホを使うならどっち?】



 

-格安SIM

Copyright© 医学生ぷるすけの資産形成 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.